発泡ウレタンの製品案内 発泡ウレタンの使用手順 発泡ウレタンの固まり方 発泡ウレタンの選び方 発泡ウレタンの使いみち 発泡ウレタンの質問集
発泡ウレタンの発泡実験 発泡ウレタンの仕様 発泡ウレタンの基本物性 発泡ウレタンのコツ 発泡ウレタンの失敗 発泡ウレタンの注意事項
発泡ウレタンの法人取引 発泡ウレタンの注文方法 発泡ウレタンの決済方法 発泡ウレタンの納期 発泡ウレタンの失敗 発泡ウレタンの箱売り
発泡ウレタンの価格 発泡ウレタンの販売 発泡ウレタンの注文用紙 発泡ウレタンのサポート 発泡ウレタンの相談受付 発泡ウレタンの会社案内

発泡ウレタンの使いみち | 発泡ウレタン(ウレタンフォーム)通販専門店


スプレー缶式の発泡ウレタンが活躍している用途の実績は、目に見えないところでの使用が多いのですが用途の幅は広く、工事業者による高気密、高断熱など、一昔前までは省エネ住宅関連での断熱材の工事の仕上げや断熱補修がメインでしたが、現在では、個人向けの発泡造形物などDIYでの活用がメインとなりつつ進んでいます。

発泡ウレタンスプレー缶は、原液を吐出してから発泡して接着する材料です。たとえば、エアコン取り付け工事の穴埋め、サッシ枠周りの隙間、太陽光パネルの設置施工、機器や装置の断熱や結露防止。便利な使いみちが沢山あります。発泡ウレタンの硬化体は多機能とも言えますので、なかなか一つの材料では得られないような効果を一つの材料で熟せてしまうといった開発へとつながります。しかしながら、失敗しないためには当初の計画から、単に施工するだけではなく、自分流に工夫したり、高望みせずに妥協したり、といった考え方が大事なのかも知れません。

施工目的は、保温保冷、デッドニング、半端な空間などデッドスペースへの盛り付けや隙間充填、ポリスチレンフォームやフェノールフォームや硬質ウレタンフォームなど高性能板状断熱材の継ぎ目施工処理、連続断熱化、冷熱橋ヒートブリッジ対策、固定物の接着補強など、場所も選ばず適所に幅広く使われ、応用や汎用性が高いハンドタイプの硬質ウレタンフォームです。超長期住宅など長期優良住宅の長寿命化、水や悪臭の封じ込め、ウレタン吹付工事の補助、岩綿吹付など耐火被覆工事の補助、巨木や庭木や街路樹診断など樹木の内部腐朽部の充填補強、病害対策、堰き止め、排水溝工事や伸縮目地工事、気密バックアップ施工、浮体部分損傷時の浮力確保、釣り具釣竿やアウトドアー関連の道具補強、工作造形、固定、空洞充填による鳥類飛来防止、害虫や埃や匂いの侵入防止、車両のリップスポイラー補強や補修などエアロパーツの制作DIY、プラスチックの裏補強、型取り、絶縁補助、屋根工事、壁工事、床工事、古木補強、共振防止や制振対策、車両デッドニング、工作や光触媒、フラワーアレンジメントなどまで用途は特定せずにご活用いただけます。

缶からでてきて仕上がる硬質ウレタンフォームは、空気や水をほとんど通さない独立気泡構造で固まります。空気の硬化体とも言える軽量な発泡体です。硬質ウレタンフォームは水に浮く軽さでありながら、硬すぎず、柔らかすぎずの硬化強度を持ちます。熱伝導率が低いことから熱を通しにくい性能を持ち、ダイレクトな発泡接着の施工で、あらゆる施工物の断熱、保温保冷など、施工物の熱移動を和らげる断熱効果を期待する使いみちは、まさにメインとも言える用途です。硬化体はカッターナイフやヤスリでの加工性にも優れ、割と削りやすく、発泡プラスチック系発泡体の中では耐薬品性にも強く優れていることから、発泡スチロールのようにマジック類や薬品で溶けることが殆ど無く、固まった後は表面の仕上げで塗料をペイントすることも可能です。エアータイトフォームの吐出パターンは、液体でもなく、噴霧スプレー状態でもなく、泡状態のムース状で出てきます。水のような液体ではないので施工時に染みたりしません。ムース状態の吐出なので発泡施工中に漏れ流れ出ずに、泡は施工した面に食いつきながら盛り付ける感覚で施工ができます。好きな形に作り上げることができ、施工形状もサイズも自由自在です。吐出した後に見た目で2倍ほどに発泡して固まるので、凹凸のある空洞部や、ワンオフのパーツ製作、歪や丸みのある隙間への充填発泡にも使えます。

施工物の内部に発泡充填することで、空洞反響の音を和らげたり、埃や臭いや害虫の出入りを防いだりなどと、自己接着性によってみっちりと様々なところに発泡施工ができる。発泡ウレタンのスプレー缶は、市販される他の単一材料では類のない、活用自由度の高い製品と言えます。断熱としての目的以外にも、市販の接着剤やコーキング剤では施工できないような少し大きな隙間や空洞の充填接着、グラウト、瓢箪(ひょうたん)のように入り口がせまくて内部が広いような空間埋め、異種異形材料同士の振動固定などと、見えない箇所での活用法も多くあります。ご採用いただいている多くのお客様の基準や傾向としては、固まった後の基本物性の有利性だけではなく、固まる過程で発泡すること、異なる材質同士への接着一体化ができること、接着が硬く強すぎないこと、などに着目をされ、従来お使いの素材との比較検討をされる場合が多く、これらの特性も知っておくことにより、今の使いみちは異なっても、新たな付加価値を得る技術的なヒントがあろうかとも思われます。



実は、発泡ウレタンの缶タイプという材料は、知れば知るほど、着眼点次第ではあるもののとても賢い材料です。発泡するので体積とコストに魅力が生まれます。固まった後の加工性も良いので、一つのウレタンフォームの缶で、いろいろな使いみちがあります。

そもそも、エアータイトフォームとは一つの製品で、作業の簡便性、硬化プロセス、多機能、これらが製品の隠れざる意義でもあります。何と何、みたいに単一で素材の物性やコストは比較できない。発泡ウレタンスプレー缶は、所謂、多機能製品ですのでプラスアルファの性能までをトータルでご検討いただくことが最も有意義であると考えます。色々な材料との接着相性が良いという特質を持っていることも大きなメリットです。今までお使いの材料では使えなかった素材に対して複合的な技術を可能としたり、お客様が用いるメインの素材と併用で適所に使っていくことにより、施工がスムーズになったなどという声も多いです。発泡して固まる製品なので、嵩に対して安いコストで材料体積を稼げるなど、先入観に拘らない技術イメージをチェンジしてみると、コスト削減など経済的メリットの結果も生まれやすいことと言えます。ただし、本品を採用する上での必須条件は、まずは発泡施工をマスターすることです。マスターすることでお客様の発想やテクニックで今までに無かった施工技術の確立をサポートできると思います。ハンドタイプのエアゾール品なので電気や動力源などの装置も必要なく、部分的な養生だけで準備も済み、誰にでもワンタッチで容易に取り扱える点も注目すべきことと言えます。



発泡ウレタンを断熱材で使用しよう。

断熱材として使う例です。缶から出て固まる泡は熱を伝えにくい熱伝導率0.030W/m・Kいう断熱材の中でも優れた断熱性能をもっているだけでなく、ダイレクトに接着して固まる特性があるので、一層の安定した高い断熱効果が期待できます。平面でも丸いところでも断熱でき、小さな物でもゆっくりと直接塗布することができるので、断熱忘れの箇所、断熱リフォーム、断熱材欠損部、ウレタン吹付けの補修など特に小規模の施工に大変役立ちます。

サッシ回りの空隙部充填に使用しよう。

すきま充填材として使う例です。缶から出てくる原液はゆっくりと発泡をしながら施工面と接着をする類を見ない特性があります。隙間の内部まで充満させることができることから念入りな断熱施工を取り組む方々に重宝されています。住宅建築での建具廻りの隙間充てん、サッシ廻りの隙間充填、外壁下地の隙間など熱が逃げやすいところに発泡充填をして埃や臭いの出入りも防ぎます。額縁廻りなど継ぎ目の内部の断熱化と気密化を同時に得ることがポイントで、表面仕上げにシーリング材や防水気密テープなどを併用施工することもあります。

配管周りなどに発泡ウレタンを充填しよう。

発泡充てん材として使う例です。充填してから固まるまで発泡性があるので、凹凸部の隙間埋めにも重宝されます。配管など丸い形状同士でも、異種の材料同士の隙間でも埋めることが自在。隙間を埋めることでの接着固定だけでなく、優れた断熱性能も合わせ持つので結露防止、保温保冷にも役立ちます。空気移動や水の浸入を殆どなくしながら魔法瓶のような保温保冷効果を期待することができます。浴槽ユニットバスの裏面などへ直接施工すると浴槽のお湯は冷めにくくなります。又、ガタツキの防止(補強)にもなります。

ヨットやボートの浮力保持で発泡ウレタンを使ってみよう。

浮力保持として使う例です。硬化体はスポンジのように水を吸わず、小さな泡の集まりで形成される独立気泡の硬化体。耐水性を程良く持ち、殆ど水を通さない独立した気泡体は水に浮く軽さなので、施工物に重さのストレスを殆ど与えないこともポイントです。発泡硬化体なので浮き輪やゴムボートに穴があいてもエアーが漏れて沈むこともなく安心です。

屋根瓦の固定などに発泡ウレタンを接着で使用しよう。

固定接着として使う例です。例えば、屋根材など面で接着できることと程良いクッション性をもつことからも踏み割れや踏み凹みなども防止し、雪の重みによる瓦の割れ、ズレを防止します。既存屋根材に釘穴を開けずに施工が可能です。特に和型の棟部では、土、モルタルなどの代わりに使用することで屋根の軽量化が実現します。当然、断熱の効果も同時に期待します。

目地充填で発泡ウレタンをジョイント部に使用しよう。

継ぎ目内部のコーキング処理などバックアップ材として使う例です。エアータイトフォームは硬すぎず、柔らかすぎずの弾力で追随性を程良く持っています。水圧などチカラが加わる場面では発泡ウレタンの特性を防水層や止水層や防音層など層としての役割として、シーリング材などでで仕上げるのも効果的な使い方と言えます。

水栓柱などの凍結防止で発泡ウレタンを使用しよう。

凍結防止として使う例です。屋外の蛇口や水道管やメーターなど12月から2月にかけて凍結事故が多発します。対策をせずに凍結で破裂したりしますと修理に多くの費用がかかりますので、前もって水栓柱の本体内部やメーターボックス周囲にエアータイトフォームを充満発泡で断熱保護しておくことで凍結故障から守ります。

屋根断熱に発泡ウレタンを連続断熱化で使用しよう。

連続断熱として使う例です。高性能な断熱材を使用していても、断熱材の突き合わせ箇所をそのままに放置してしまうと必ず断熱欠損箇所となります。性能確保の為に屋根工事など棟の断熱合わせや、壁や床の断熱材の継ぎ目もしっかりと連続発泡しておかなくてなりません。

床断熱やきしみ防止で発泡ウレタンを使用しよう。

発泡固定として使う例です。施工後の床内部などに充填し、床材のたわみ、きしみを低減し、補強補助や振動防止や防音効果、デッドニング対策から断熱効果などに使用できます。エアータイトフォームは床材など施工後では施工できない空間、施工しにくい大きな継ぎ目や隙間であっても、10ミリ前後の注入穴を数か所開け、そこから徐々に充填硬化させることもできます。

発泡造形やPOPで発泡ウレタンを型作りで使用しよう。

型つくりとして使う例です。急速硬化ではなく、じわじわと発泡して固まる硬化プロセスを応用し、レプリカ造りや型造りなどにも活用されます。固まった泡はカッターやヤスリでの加工ができ、耐薬品性にも優れており、発泡スチロールのように溶けにくく、表面仕上げに塗料やコート剤などを塗って耐久性を高めることもできます。

配管の結露防止で発泡ウレタンを使用しよう。

結露防止として使う例です。硬化体は低温はマイナス40度、高温はプラス90度位まで耐え、同時に対象面と接着して硬化するため、温度変化の激しい個所などの結露防止や凍結防止などにも使われます。市販のパイプカバー等と併用してカバーでは覆うことのできない箇所に使用することも一層効果的な使いみちです。

デッドニングやエアロパーツで発泡ウレタンを補強で使用しよう。

プラスチック材の補強材として使う例です。エアロパーツの制作や補強にも活用でき、固まった泡は硬すぎず・柔らかすぎずの特長をもっていることが魅力です。割れやすい材料に直接吹付けや塗布することができるので、FRPなどのプラスチック材の裏面補強に使用されます。

発泡ウレタンを高断熱、高気密住宅で使用しよう。

高気密住宅施工で使う例です。省エネルギー化を必要とする場面ではいろいろなところに使用されます。建築用途としては垂木付近などの狭い隙間や複雑な隙間など疎かになりがちな継ぎ目内部にもしっかりと充填することができ、断熱と気密を高いレベルで実現することに利用されてます。

発泡ウレタンを擬岩などの造形で使用しよう。

立体造形に使う例です。自由な形につくりあげることができることと硬化後はカッターナイフなどを用いて加工することが容易にでき、義岩・義木などを作る際の原型として形成させ、砂や塗料で色を塗ったりパテやFRPなどで綺麗に仕上げることもできます。創造性あるPOPなどワンオフ、オリジナルアイテムの制作にもお勧めです。

発泡ウレタンを害虫侵入防止で隙間に使用しよう。

埃や害虫など侵入経路防止として使う例です。さまざまな隙間を表面のみならず、隙間の内部まで発泡充填させることができ、建築用途としては床下ダンパーを入れる木枠と基礎の間などの気密性などにも使われます。基礎、躯体間の断熱気密はもちろんのこと屋根付近のコウモリやツバメなどの鳥類侵入防止などにも有効です。

発泡ウレタンを緩衝材や保護で使用しよう。

緩衝材や保護クッションで使う例です。あらゆる箇所にスポット的に自由な形状に発泡硬化させることができます。硬すぎずに、接着も強すぎず、緩衝用として発泡スチロールの代替えとしてお使い頂くこともできます。ビニールの中で固まらせたり、新聞紙などの上に棒状に硬化させたものをカッターで刻んで隙間埋め緩衝材などとしての詰め物としても有効です。

ポリスチレンフォームの施工に発泡ウレタンを補修で使用しよう。

断熱施工の補助で使う例です。外張り断熱や内張り断熱などの工法問わず、また、繊維系断熱材のグラスウール、ロックウール施工時の加工部分などの継ぎ目処理、ポリスチレンフォームやポリウレタンフォームなどプラスチック系断熱ボード施工時のすきま充填にも使用され、連続断熱化に重宝されます。断熱性能をもっているので継ぎ目部分も周囲と同等の断熱化をさせることができ、本物志向の高性能住宅の外断熱住宅、内断熱住宅の建築に活用されてます。

発泡ウレタンをH型鋼の結露防止で結露対策で使用しよう。

H鋼などの結露防止として使う例です。いろんな材料に接着させることができます。冷えやすいものに直接吹付けや塗布することができ、断熱プラス接着すなわち断熱の一体化で結露防止の効果が得られます。型枠を製作し、その空隙部に発泡充填させて均一シームレスに仕上げるなども工夫次第といえます。板状のボード品を併用して隅の部分や角の部分だけエアータイトフォームを使うのも一つです。

発泡ウレタンを古木や樹木の空洞補修で使用しよう。

各種補強材として使う例です。硬化体は軽量ながら強度があるのも特徴であり、これに接着が加わりますので古木の補修などにも応用され防腐・防錆などの効果も期待できます。エアータイトフォームには茶色のブラウンで仕上がるタイプもあるので、樹木への施工でも目立たずに充填補強することができます。

発泡ウレタンをヒートブリッジ、熱橋対策で使用しよう。

熱橋ヒートブリッジ防止として使う例です。固まった泡は熱を通しにくい熱伝導率をもっています。熱を伝えやすい材料の付近に充填したり塗布することで、熱の移動を軽減させることが出来ます。住宅などではホールダウン金物の被覆、熱橋の断熱化で結露の防止に使われます。硬すぎず柔らかすぎずの硬化体ですので、後から削って手直しすることもできます。

発泡ウレタンをコンセントなど絶縁対策充填で使用しよう。

絶縁隙間充填として使う例です。電気を殆ど通さない硬化体で対象物とも接着をしっかりとするので小さな箇所への充填化と同時に絶縁性をも発揮します。硬化後はカッターナイフで加工出来るので、その後のメンテナンス修理にも対応できます。

発泡ウレタンをマイクなどの共鳴や振動防止で使用しよう。

共振や振動抑制として使う例です。発泡して固まった独立気泡の硬化体は、対象面に接着をした状態で仕上げることができます。発泡接着プラス独立気泡体は固定、太鼓現象抑制、共振防止、揺れなどの抑制などにも大変期待をされています。角パイプであっても丸いパイプであっても工夫して充填することができます。

発泡ウレタンを鉄骨内部の腐食防止で使用しよう。

腐食防止として使う例です。パイプなどの両端開口部付近にエアータイトフォームを栓や詰め物をする感じで部分的に発泡充填接着させ、内部側を空気や水など湿気から遮断をし、サビ腐食の進行を落ち着かせるなどに使います。水に沈める材料の空洞箇所に充填硬化させると、水が入ってしまうスペース自体を無くせるので軽量省力化にも有効です。

フラワーアレンジのフローラルフォームで発泡充填剤を使用しよう。

造花などの土台として使う例です。硬化体は針金などで突き刺すことができ、ボロボロに崩れにくい特徴があります。アートフラワー、プリザーブドフラワー、ドライフラワーのアレンジの土台として、サイズも気にすることなく自由に使えます。自然に発泡硬化させることができるので形状も自由でカッター加工の手間を低減でき、加工したい場合でも市販のオアシスと同じように軽量ながら粉末ゴミが舞いにくく、固まる前は接着剤としても使えるのが更に便利。


発泡ウレタンスプレー缶は、発泡剤、断熱材、気密材、省エネ施工、耐震補強や隙間充填での使用だけでなく、住宅や装置の気密化、個人での車両やエアロパーツ、発泡造形物、DIY、美術や発泡造形など、お客様の工夫次第で幅広く使用することができます。固まった後はカッターナイフで削ったり、ペイントをすることもできます。

硬質発泡ウレタンは住宅用結露防止、断熱サッシ、建具廻り断熱、漁船、大型船断熱、冷凍貨物船、コンテナ、液化ガスタンカー断熱、FRPボート芯材、水栓柱、救命船浮力材、ドック、ブイ、ウキ、冷凍車、保冷車、鉄道コンテナ、タンクローリー断熱車両、車両のデッドニング、トラック天井断熱、梱包緩衝、化学工場タンク、配管断熱、重油タンク保温、LPG保冷関係、LNG保冷関係、パイプカバー断熱、タンク蓋、冷蔵庫、エアコン断熱部材、ショーケース、ストッカー、自動販売機断熱、温水器、貯湯そう、建材用パネル芯材、サイディング材、浴槽、冷凍庫断熱、農業倉庫、蓄舎、恒温室、地域集中冷暖房断熱、屋根断熱材、瓦留め、道路床断熱、振動防止材、樹木の腐朽病害対策、樹勢回復、椅子芯材、ドアーパネル、装飾工芸品、娯楽用具、工作教材、型材、サーフィン芯材、RIM方式製品、梱包材、ハト対策、カラス対策、ネズミ対策などまで幅広く利用され、エアータイトフォームの利便性は今後の新しい工法にも期待が進むユニークな製品と言えます。